薫、切り絵

2017年05月21日

緑のカーテン

go1.jpg

先日、緑のカーテン応援団に
参加して熊本県益城町の
仮設団地にゴーヤの苗を
植えに行ってきました。

半年前、
益城町に行く機会があり、
その時に見た被災地は
まだまだ壊れたままの家が
たくさん残っていることに
すごくショックを受けました。
また何か機会があれば
ここに行きたいと
思っていたら
友人から今回の活動に誘われました。
今回は益城の仮設団地。
壊れた家などはありませんが
まだまだ多くの人が
仮設住宅にいらっしゃるのを
初めて目の当たりにしました。
setumei .jpg

setumei 2.jpg

unpan.jpg

これから夏に向けて厳しくなる
日差しを和らげるための
ゴーヤのカーテンを作る為、
屋根からネットを張り、
大きなプランターに土を入れ、
ネットを固定して、
苗を植えて、
たっぷりの水をやるという作業。
240戸分のその作業を
快晴の太陽の下
その日初対面の方たちと
汗をかきながら楽しく作業をしました。
(ボランティアの参加者は関東や九州の長崎、
鹿児島、福岡から約70名の方が参加。中には被災されて、
今度は自分が何かできないかと参加された方も)

go2.jpg

お昼は仮設団地の方たちが
カレーを作ってくれて
スイカやイチゴなども
差し入れてもらいました。
カレーは最高に美味しかったです。
なんかキャンプのカレーを思い出しました。
あのカレーの味は一生忘れないと思う!^^
go3.JPG


作業中、仮設団地のおばあちゃんや
子供達に声をかけられて
昔、畑をしていた話やチューリップを植えていた話など
短い時間でしたが交流できたことが嬉しかったです。


今、ゴーヤは20cmくらいのまだ小さな苗です。
夏、張ったネット一面に葉を茂らせて木陰を
作っている姿を想像すると
その小さな苗に
めちゃめちゃ愛着が湧いてきます。

できればその姿を見にまたここを訪れてみたいなって思っています。

go5.jpg


IMG_5115.JPG
誘ってくれた友人の作業あとの
清々しく誇らしげな背中
posted by kaoru at 22:26 | Comment(0) | 日記