薫、切り絵

2017年07月12日

完成

毎朝少しづつ進めていた
樹の作品の最後の仕上げをするために
友人のアトリエを借りて作業してきました。
いままで私が樹の絵を描く時は
墨汁を使っていました。
今日は墨をすずりですって
それを水で薄めて
最後の仕上げに使わせてもらいました。
最初に水で薄めたときに
描いたにじみと
時間が経って描いた墨のにじみ具合が
明らかに違うのにびっくり。
筆の走らせる速度などでも
刻々と表情を変える墨に驚き、
楽しい反面、奥深さに少し怖さも感じました。
知らない間は怖いものなんてないのに
知ってしまったがために
怖さで呼吸が乱れ、気持ちが悪くなりました。
(自分の心の弱さに自分でビックリ!)
正直、1ヶ月かかって描いた絵を
失敗してしまった!と落ち込む場面もありました。
いったん筆を置き、作品を丸めてしまいました。
友人に慰められて
また描き始め、ようやく完成。
今の自分の実力はこんなもんなんだから
失敗して当然じゃんって
開き直ってからは楽に描けるようになりました。
いやあ、苦戦しましたww

IMG_3294.JPG

約1年前に描き始めた
襖絵の樹から今回で2本目。
1本目よりはマシな樹ができました。
描いているうちにつぎの課題が見えてくる。
実は作品の展示予定がないのに
こんなに大きな絵を描き続けていることは珍しいこと。
何が完成型かは、ぜんぜんわからないんですが
自分の樹木画が見つかるといいなって思っています。
(今はまだまだですが。。)

作品の仕上げをしている最中、
友人の夢を聞きました。
すっごく素敵で聞いてるだけで
わくわくしたんで
そのわくわくした気持ちが
この絵にプラスされたんじゃ
ないかなって思います。

今晩はこの絵を見ながら
ビールで乾杯します^^

IMG_3281.JPG
posted by kaoru at 23:29 | Comment(0) | 日記