薫、切り絵

2017年06月13日

樹を前にして

2009年に「深呼吸」というタイトルで
屋久島の樹を切り絵にしました。

2009.jpg

タイトルはその作品を制作している間
なんども私自身がこの作品の前で
屋久島の情景を思い出し
深呼吸していたのが由来です。
この作品を購入してくださった方が
この樹を寝室に飾り
毎朝見上げながら深呼吸したいんだと
言ってくださった言葉は今でも思い出すだけで
胸が熱くなります。
自分と同じ気持ちでこの作品の前に立つ人が
いると思っただけで感動でした。
この作品をきっかけに何作も
屋久島の樹を制作しました。

今、
描いている樹は切り絵ではありませんが
同じような気持ちで描いています。
最初は枝だけの寂しい樹だったものが
春になり新芽が出てきて
初夏をむかえようとしています。
この樹は屋久島の樹というわけではありませんが
森の中に一本佇む樹をイメージしています。
日々少しずつ変化する樹を見ながら
森林浴しているような気持ちで描いています。

いつか切り絵と墨絵両方の樹を並べて展示してみたいです。

jyumoku.JPG
posted by kaoru at 07:05 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: