薫、切り絵

2012年12月15日

個展3日目終了

個展3日目が終わりました。

昨日はすごくへこんで
すごく勉強になった一日でした。
福岡に帰って新しい作品を作りたいと
思った日でもありました。
宿泊しているホテルにまっすぐ帰りたくなくて
東京タワーのイルミネーションを見に行ってきました。

IMG_3588.JPG

毎回、個展の時に
自分の作品と長く向き合い
いろいろ考える時間があるのは
貴重だなって感じます。
仕事での考えとは違う
感情の置き所というか
表現についてというか
言葉にできないことを
グルグル考えています。

美術館の学芸員の方の
「こうしたらいいんじゃないか」という
アドバイスが私が作品に対して
感じていた悩みみたいなものに
光をさしてくれた気がします。
まだまだ発展途上なんだなって
自分の作品をながめながら考えました。


今日は知り合いDAYでした。
昔、事務所のスタッフとして働いていた子が
家族で来てくれました。
(前の福岡の個展ではお子さんが小さくて
あまりしゃべれなかったのが
大きくなってよくしゃべるようになっていた!)

今回の個展で題字を書いていただいた
書家のサレンさんが来てくれました。
(ぐっとくる言葉をもらって感動してしまいました。
個展前の忙しいときに来てくれて嬉しかったです!)

東京のデザイナーの香織さんが
妹さんと来てくれました。
(私は彼女の段ボールのコラージュの大ファンで
早く個展をしてくれないかと密かに待っているんです。)

年賀状のやりとりだけで
ずっと会えなかった友人にやっと会えました。
(来るってなにも連絡がなかったので本当にびっくりしました!)

神奈川からいとこが来てくれて
同じ時間帯に福岡のいとこが突然たずねてきてくれて
中学校以来の奇跡の3ショット撮れました!
(福岡のいとこには気を遣わせるから今回お知らせしていなかったので
このためだけに日帰りで来てくれたことに本当に驚いたし
他に人がいなかったらきっと泣いていたと思うくらい感動でした)

こういう出逢いがあるから
個展をしてよかったなあってつくづく思います。

IMG_3578.JPG
posted by kaoru at 23:11 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: