薫、切り絵

2014年02月02日

チャレンジ

私のまわりの友人達が
今年から新しいことにチャレンジしています。
今年の流行?っていうくらい一斉にです。
そんな友人達を見ていると
自分も何かチャレンジしたくなります^^


チャレンジしようとしていることを
話す友人達の目がほんとに嬉しそうで
キラキラしてるんです。
そんな友人達のチャレンジがうまくいくといいなって
心から願いますし、
自分も負けられないなって思います。

早いものでもう今年も一ヶ月が終わりました。
さあ、どんなチャレンジをはじめよう!

写真は愛宕神社に一日参りに行ったときの写真です。
atago142.JPG
posted by kaoru at 22:37 | Comment(0) | 日記

2014年01月04日

2014年がスタートしました

去年のラスト1ヶ月半は忙しくて
本当に大変でした。
仕事が終わらないんじゃないかと
本気で思っていました(笑

そんななか12月に鹿児島に行ってきました。
鹿児島でお守りを買いました。
ラピスラズリでできたブレスレットです。
友人が連れていってくれたお店で買いました。
この石は自分を変えようとしていたり
何かに挑戦しようとする人が手にする石だと
お店に方が言われました。
でもその前に試練が立ちはだかるので
それに逃げずに立ち向かわなくてはいけないそうです。
そうすれば運がいい方向に向くと。
なんだか怖いような、ワクワクするような。
ただ、今年仕事に関しても、
切り絵に関しても、プライベートに関しても
真剣に考えて
向き合わないといけないなって思っていたんで
このお守りをつけるいい機会なのかもと思いました。

どうなっていくかはわかりませんが
進んでみようと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_4829.JPG
posted by kaoru at 22:19 | Comment(0) | 日記

2013年12月01日

ラスト1ヶ月

12月になりました。
あと1ヶ月で2013年も終わりです。
11月はいろいろあった月でした。
悲しいことも、苦しいことも、きついことも
嬉しいことも、反省することも、
感動することもありました。
考えることの多かった月でした。

自分は弱いなあと感じる月でもあったし、
強くならないとなって思う月でもありました。

悩んでいる私に友人が
「悪いことも、いいことも、
すべて意味がある。
そう教えられてから何もかもが
受け入れられるようになった」
と話してくれました。
ここ1ヶ月の出来事を振り返って
そうかもしれないなって
自分の心の真ん中にストンと
その言葉が落ちました。
それから心が少し楽になった気がします。

去年の今ごろは個展に向けて
がんばっていたな。
今年は友人たちの個展の手伝いや
グループ展の参加で
一年が終わった気がします。
今年は満足いく作品を作ってないなあ。
来年は新たなことに挑戦して
切り絵をもっと精進していきたいです。
あと1ヶ月、がんばっていこうと思います。

yakushimap.jpg
posted by kaoru at 00:54 | Comment(0) | 日記

2013年10月26日

心の奥

気がつくと長いこと更新していませんでした。
なんだかいろいろなことがあり
いつの間にか時間が経っていた感じです。

富士山からもどって来て、
一週間後にグループ展
「SORA展」が開催されました。
短大時代の友人との初めて作品展でした。
仕事の合間にみんなに連絡事項を送ったり
広報活動したり、皆のタイトルボードや
ポスターを作ったりしていました。
富士登山とあまり日が離れてなくて
仕事もつまっていたので
忙しさでかなりナーバスに
なったりしていました。
しかし、無事に作品展を開催でき、
短大の時の友人が福岡各地、熊本、東京から
全員で集まることができたのが
本当に嬉しくて幸せでした。
やってよかったって心から感じることができました。


作品展が終わったあと
ずっと気になっていた大分市美術館であっていた
草間彌生展を友人と見に行ってきました。
実は私は彼女のカラフルな水玉の作品しか知らなくて
当然そういう作品が展示されていると
思って見に行きました。
ところが最初に入ってすぐに
大きなキャンバスに
黒の線で目や人の顔や
言葉で表現できないものたちが
ぎっしり書かれた作品が何枚も
会場の壁一面に展示されていたのです。
一言で言って圧巻でした。
しかし、このものすごいパワーで
キャンバスに吐き出されたものを
見ていて、立っていられないくらい
気分が悪くなったんです。
そのときはよくわからなかったんですが
あとで考えてみると
絵が気持ち悪かったわけではなく
なんだか、自分の心の中の吐いたものを
見せつけられてる気がして
頭が混乱したような気がします。
こんな感じは生まれて初めてでした。
富士山から戻ってまもなく
私は友人をひどく傷つけてしまいました。
私の心ない行動が原因でした。
これをきっかけに、自分自身すらずっと見ようとしなかった
心の奥底のなにかを見つめることになりました。
草間彌生の絵はそんな自分が目をそらせていたものを
突きつけてきた気がします。
これと向き合っていかなければいけないなと
作品を思い出しながら帰りの車の中で
1人考えていました。

私の作品は動物や樹などが多く
あまり人間を作品にすることはありませんでした。
(始めた頃は何枚か作りましたが)
草間彌生の作品を見て
自分の心と向き合ってから人間を作ってみたいと思いました。
どんな風になるかはわかりませんが
(もしかしたら、作品として完成しないかもしれませんが)
向き合うだけ、向き合ってみようと思っています。

こう思わせてくれた草間彌生の作品たちに
私は感謝しています。

sunahama.jpg
posted by kaoru at 18:51 | Comment(0) | 日記

2013年09月15日

日本一からの眺め

今週月曜日、富士山に登ってきました。
まだ一週間前のことなのに
帰ってきてから仕事や次のグループ展のことや
いろいろ追われて、
なんだかもうずっと昔のことのようです。

登る前、
登れるだろうかとか、
高山病は大丈夫かとか、
仕事は片付くかなとか、
初めての人と登るけどうまくやれるかとか、
天候はどうかと
いろいろ心配してましたが
いざ、行ってみるとそういう不安は
消えてしまいました。

前日横浜に前乗りしたときは
けっこうな雨だったんですが
次の日の早朝、目を覚ましたら快晴でしたし、
一緒に登る方々にお会いしたら
みんな本当にいい人でしたし。
なんの心配もいりませんでした。

IMG_5259.JPG

山岳ガイドさんと登ると
リュックの担ぎ方やストックの使い方、
登山靴の結び方や植物の名前、
富士山にできる雲について
いろいろ教えていただきました。

IMG_5264.JPG

7合目にある山小屋もすごく綺麗だったし
眺めも最高で大人たちが興奮して
デッキで写真撮ったり
歓声をあげたりしてしまいました。

IMG_5295.JPG

IMG_5280.JPG

雲海もそして夜空の天の川も本当に幻想的で
ずっと見ていたい気持ちになりました。
景色を見てこんなにも興奮することが
まだあるんだなあって自分自身に
ビックリしたくらいです。
流れ星を3回見ました。
普通に流れ星ってガンガン流れていることに驚きました。
8月だとまだシーズンまっただ中なので
めちゃめちゃ人が多いとガイドさんが言われてましたが
私たちが登った9月2週目ともなると
そこまで人はいませんでした。
(よく九州で登っている山と比べたら全然多いですが・・笑)

前回もそうでしたが
9合目から頂上までが若干きつかったです。
少し生あくびが出始めて
軽く頭痛がしましたし。
あ、高山病がきた!って思いました。
何度も深く深呼吸してこれ以上
ひどくはならなかったのですが。

頂上に着いてご来光を待っていると
風が強くて、レースのカーテンように
薄い雲がものすごい勢いで
私の頭上を走り抜けて
山の下へと下りていきました。
その雲のベールの向こうに朝日が見えた瞬間
皆が歓声を上げました。

IMG_5327.JPG

いろんなところで(富士山も含む)朝日を見てきましたが
本当に幻想的で感動した時間でした。
感動が少しおさまったところで皆で写真を撮りました。
逆光でメンバー全員がシルエットなのに
私はこの写真が一番好きです。
顔がみえないけど一番いい顔を
皆がしていることがわかるから。

IMG_5330.JPG

下りでは
巨大な「吊り雲」を見ました。

IMG_5354.JPG

これは富士山の東側に出る雲で
これが出ると風が強くなったりするそうです。
朝日も感動でしたが
私はこの雲に心を奪われました。
こんな景色が日本でも見れるんだなって。
ただこの雲、遠目からみると富士山に傘雲が
かかっているようにしかみえないんです。
この日の雲の話をしていたら
同じ日に同じ雲を撮った記事を知り合いから
見せてもらってわかったんです。
見る視点でこんなにも景色が違うのはかなりの驚きでした。

IMG_5359.JPG

膝を痛めながら午前中に無事下山。
ガイドさんから
「綺麗な景色を見たこともすばらしいことですが
誰とこのすばらしい時間を過ごせたかということを私は大事にしています」
と言われ、じんわり感動してしまいました。
ガイドさんから解散!って言われた瞬間、
いままでに感じたことのない疲労感と筋肉痛に襲われました。
着替えをかねて、温泉に行ったんですが
どこもかしこも痛くて、そして眠くて大変でした。
帰りに「ほうとう」を食べてみんなとお別れしました。
ほうとうは心も体もあっためてくれて
元気になりました(筋肉痛は続いてましたが)。

IMG_5372.JPG

登山したその日に家に帰りつき
次の日から普通の生活にもどって仕事をしています。
なので、あの幻想的な景色は夢だったのでは?って
たまに思うことがあります。
その景色を何枚も写真に撮りましたが
360度あの景色に囲まれた感覚までは写しきることって
できないなって思いました。
自分の小ささ、雲の大きさなど実際にそこにいた者しか感じられない
大事な空気を共有できる仲間がいてよかったなって思います。
いい大人たちが下山しながら
次は何しようって話をしているのを聞いていると
ほんとに心が躍りました。

行ってよかった。
もう行かないだろうって思っていた山だったけど
また登ってもいいなって気持ちに変わりつつあります。
あの景色を見せたい人たちを連れて。










posted by kaoru at 08:44 | Comment(0) | 日記

2013年09月07日

実際に見に行ってみる

明日から富士登山のために
横浜に行きます。
横浜からピックアップしてもらい
あさって富士登山に挑戦します。
今回の富士登山が2回目になります。
前回は短大を卒業してまもなくだったので
かなり前になります。
一回目の挑戦は
思いつきから始まりました。
友人と食事をしているときに
「ねえ、日本一高いところから何が見えるのかなあ」
と私が聞いたんです。
友人は以前富士山に登った経験があったんですが
何が見えたか、どうだったかは一切教えてくれず
「じゃあ、自分の目で確かめたらいいよ」
って言ったんです。
なんかその言葉がすごく魅力的で
すぐに富士登山のツアーに申し込みました。
その約一ヶ月後富士山に登りました。
今は登山靴やレインウエアなどいろいろ揃えていますが
その頃はなにも持っていなかったので
本当に大変な登山でした。
下では気温30度でしたが
頂上ではマイナス2度くらいしかなく
ずっと震えいていました。
しかし頂上から見た朝日、
そして雲海はすばらしいものでした。
実際に見にいって
その空気感、匂い、音、360度の景色、
本当に感動しました。
きっときつかったっていうスパイスも
加わっての感動だとは思いますが(笑
この経験がきっかけになって
人に聞いても、テレビで見ても、ネットで調べても
どうしても見たいものは
自分の目で見てみようって
思うようになりました。

今回、富士山に登ったら
私はどんな景色を目にするんだろう。
そして何を思うのだろう。
高山病は心配ですが
何を感じるのか、楽しみです。

がんばって行ってきます!

soraten.jpg
富士山から戻って
週が明けたらグループ展がはじまります!
posted by kaoru at 21:56 | Comment(0) | 日記

2013年09月01日

9月の挑戦

9月になりました。
早いもので今年もあと3ヶ月。

今日は朝から愛宕神社に一日参りに行き、
その後、愛宕の階段を5往復しました。
今回でこの階段の上り下りも3回目。
9月9日に富士登山を控えているので
時間を見つけては運動しています。
山に行きたかったのですが
行こうとしていた昨日は台風のために中止になったので
今日はお参りついでに運動しました。
グループ展や仕事でとにかく山に行けなくて
ちょっと心が焦っています。
富士登山が終わって一週間後はグループ展が開催です。
先月は恐竜、
今月は空がテーマです。
さてどんなグループ展になるのかな。
それよりも富士山登頂できるかが
今は心の大半を占めています(笑

DSCF8212.JPG

階段登り下りの途中にある椎の樹です。
形がいいなって見とれます。
posted by kaoru at 11:34 | Comment(0) | 日記

2013年08月17日

恐竜をつくること

来週19日から開催されるグループ展
「夏休み 恐竜アート展」に参加します。
今日は17日なんですが、
まだ作品が完成していません。
こんなに難航したのは久しぶりです^^;
子供の頃から恐竜は好きなんですが
いざ作品にするとなると、
うまく形にできないことがわかりました。
恐竜のフォルムが難しいということではなく
恐竜が現代にいないことが一番の理由です。

数年前、長崎の軍艦島を作ったときと同じ感覚でした。
今、軍艦島は現在廃墟の島なんですが
私は廃墟の島より昔ここに人がいた時代の島を
作りたいって思ったんです。
でもそれは今みることはできなくて
島に行ったとしてもそれを感じることは
なかなか難しいと感じました。
その作りたいものをうまく頭で組み立てて
形にしていくことが
すごく大変だったんです。
恐竜は化石を見ることはできても
実際の姿は誰かが想像した図や
CG映像だったりします。
そこから自分のつくりたいものと
すりあわせていく作業が
なかなかできませんでした。
簡単に言うと、頭が不器用なんだって思います。
自分の思い描いた恐竜に今色を入れています。

IMG_5141.JPG

恐竜を戦士にみたてて作っています。
あと二日、仕上がりはまだ想像できていないので
若干不安ですが
久々完成が楽しみなワクワク感も感じています!



夏休み 恐竜アート展

期間/2013年8月19日(月)〜25日(日) 
   11:00〜19:00
   ※初日は13:00から、最終日は17:00まで

場所/ギャラリー風 2F 
福岡市中央区天神2−8−136 新天町北通り
TEL:092−711−1510
URL:http://www.artwind.jp/
 ※入場無料

19日は13~15時まで受付してます。
21日、22日は15~19時までいる予定です^^

kyoryu.jpg
posted by kaoru at 15:11 | Comment(0) | 日記

2013年08月02日

8月になりました。

7月31日の夜は
数年ぶりに仕事で徹夜しました。
きつかったです(笑
仕事を終えた早朝、
そのまま、愛宕神社に
一日参りに行きました。
実は愛宕に向かっている最中、
ちょっと泣いてしまいました。
ここ2週間、いろんな人の協力で
一つのものを制作してきました。
その協力してくれた人ひとりひとりの
ことを考えていたら
自然と涙がでてきたんです。
誰かに見られたら恥ずかしいなって
ちょっと焦りました^^
愛宕神社についたとき
ちょっと曇っていて
夏のギラギラ日差しではなかったので
徹夜の身には助かりました。
神社の参道の階段を
なぜか駆け上がってしまいました!
我ながら徹夜したわりには元気じゃん
って笑ってしまいました。
いろんな人たちの優しさに
パワーをもらっていたんでしょう。


あと2週間ちょっとで
グループ展が始まります!
さあ、そろそろ本腰いれなくては!

IMG_5043.JPG
posted by kaoru at 07:03 | Comment(0) | 日記

2013年07月24日

誰かのために

私には両親以外に
尊敬し、人生や心をいい方向に
変えてくれた恩人が今までに3人います。
その3人には返せないくらい恩を感じていますし、
彼らに何かあれば手助けしたいし
機会があれば喜んでもらえるよう
何かしたいと常に思っています。

その3人のうちの1人が来月誕生日を迎えます。
彼になにをプレゼントしたら喜んでくれるだろうって
ずっと考えてました。
先日、山に登る前日の夜にふと目がさめて
彼へのプレゼントを思いつきました。
彼の知り合いからできる限り多くメッセージをもらい
それを集めてひとつにして
プレゼントしようって考えました。
それを思いついたら、ワクワクして
目が冴えて眠れなくなりました(笑
実際、私が知っている範囲だと
知り合いは60人くらいでした。
なので知り合いの人にメールを他の方に
転送してくださいと頼みました。
おかげで130人ちかくの方にお願いすることができました。
彼を喜ばせようと思って始めたことでしたが
知らない方達の温かいメッセージが続々届く度に
人のつながりを感じてなんだか自分が温かい気持ちになって
幸せを感じてしまいました。
私は彼から誰かのために何かをしているのに
自分も成長して強くなり、幸せを感じれることを学びました。
自分の不甲斐なさに泣いたときもありました。
この人のおかげでいろんな人とも出逢い、
楽しい思い出もできました。
去年、ロンドンに行ったり、
東京で個展をやるきっかけをくれたのも
この人だと思っています。
なので、ぜひ来月このプレゼントで喜んでくれるといいなって
思いながら仕事と仕事ではない作業を今必死にやってます!

goya.JPG
写真は内容と全然関係ないうちのベランダのゴーヤです^^;
posted by kaoru at 00:01 | Comment(0) | 日記

2013年07月15日

目標

IMG_4866.JPG

おととい山に行ってきました。
往復6時間弱の行程でした。
私は通常夏と冬は登山をしないのですが
(夏は暑いし、冬は寒いから・・・単純な理由です)
今年は目標があるため
夏真っ盛りの今、登山をしてきました!
今年日本一の富士山に登ります。
そして来年は九州一の宮之浦岳登る予定です。
どちらも簡単ではないでしょうから
今から少しづつ山の体にしていきます。


IMG_4872.JPG

山には作品のモチーフがたくさん転がっています。
きれいな景色がひろがっていると
足を止めて長い時間眺めたり
写真を撮ったりしてあっという間に
時間が過ぎてしまうので
それだけは注意しないといけません。
それで時間がなくなって頂上に
行けなかったこともあるので^^:

IMG_4891.JPG

9月に友人たちとグループ展をします。
空がテーマの「SORA展」です。
今回の登山は雲が早く流れていて
時間の流れで様々な変化をしていく
空を見るのが本当に楽しかったです。
グループ展に参加する友人が
「この企画がきまって空を
見上げる機会がふえたよ」
ってメールが送られてきました。
嬉しい言葉です。
みんなのそれぞれの空が一同に集まるのが
今から楽しみです!

posted by kaoru at 16:40 | Comment(0) | 日記

2013年07月10日

緑の中

mori.JPG

先日、友人と森の中を歩きました。
山とは違い、坂道もなく
小川が流れる横を
小鳥のさえずりを聴きながら、
途中、湧き水を汲んで
冷たくおいしい水を飲みながら
のんびり歩きました。

wakimizu.JPG

緑の中にいるだけで心が落ち着きます。
友人がネットで調べて、
ここに行きたいと希望したので
行ったのですが
私の方が友人より
楽しんでたような気がします^^
車で2時間くらいかかって行ったのですが
もう少し近かったら
頻繁に行きたいなって思うくらい
気に入った場所でした。
私は緑の中がどこよりも
好きな場所なんだなって
あらためて思いました。

kokou.jpg

「孤 高 the dignified tree」
この作品は東京に出品した作品です。
詳しくはnewsで。
posted by kaoru at 18:34 | Comment(0) | 日記

2013年07月01日

今日から7月

IMG_4787.JPG

ここ一週間くらい、仕事が本当に忙しく
そして落ち込むこともあり
心も体もくたくたでした。

切り絵の作品を仕上げ段階で
初めて切り損じてしまいました。
仕事と平行して作品作りもやっていて
注意力が散漫になり、やってしまったイージーミスでした。
失敗した瞬間、あまりのショックに
気分が悪くなり吐きそうになりました。
ある作品展に出品する予定の作品で
今年の屋久島に行った際に出会った樹を
モチーフにしたものでした。
3週間かかって仕上がった作品は
自分でも満足のいくものだっただけに
失敗してしまったショックは
計り知れないものでした。
失敗した作品は
いったん別の紙に挟み、ケースにしまって、
自分の視界から見えないようにしました。
2日間、見ないようにして
心を落ち着かせて、
その後、作品を手直ししていきました。
先週末、その作品を無事に発送し、
仕事も終わらせて、
友人たちと海を見に行きました。
その日は晴天で暑い日でした。
海の水は冷たかったけど
もう泳いでる人たちが何人かいました。
私もジーンズの裾を折り曲げて海に足をつけました。
繰り返す波が自分の足の間をすり抜ける様を
ずっと何も考えずにただただ見ていました。
波が砂浜で泡になって様々な模様を作っているのを見て
美しいなって感動してました。
しばらくの間、友人と来ていたことを忘れて眺めていました。
みんなそれぞれが好きなように砂浜の時間をすごしていました。
そんな風に好きなようにさせてくれた友人に感謝してます。
童心に返れて心が元気になりました。

波をながめていたとき
不意に大きな波がきて
ジーンズのももところまで
ぐっしょり濡れてしまいました。
海風が気持ちいいねえなんて言っていたんですが
一変して濡れたジーンズで気持ち悪くなりました(笑
ま、それも笑い話になっていいかなって
日に焼けてひりひりしている腕を見ながら笑ってました。

umi.jpg
posted by kaoru at 21:30 | Comment(0) | 日記

2013年06月22日

先のこと

先日、友人と占いをしてもらいに行きました。
その占い師さんは数年前、友人と行ったイベントで
生まれて初めて手相を見てもらった方でした。
別の友人が定期的に見てもらってた占い師さんが
そのイベントで会った占い師さんだった縁で
また見てもらうことになりました。
あまり占い師さんに自分から見てもらったことはなく
だいたい友人と一緒に行って見てもらうパターンが多いです。
でも見てもらうことは嫌いじゃなく
むしろ自分と向き合う時間ができるから好きでした。

前見てもらったときは
イベントでの占いだったので
10分ほどでした。
今回はちゃんと予約して行ったので
40分ほど話をしました。
一番印象的だったのが
私は「山」だと言われました。
こんなに山がある人は珍しいと(笑。
なので人間関係や仕事などで疲れたら
森にいくことを勧められました。
山にはよく行きますって話すと
「緑のある山がいいですよ」って言われました。
たしかに、どちらかというと登山道に
樹々が多い山の方が好きで
そういう山を選んで行きます。
(たまに岩場の山もいきますが)
切り絵を始めてから、無性に山や森にいくように
なったなって感じていましたが
心のケアのために無意識に行っていたのかなって
ちょっと納得してしまいました。
これから来年にかけて
仕事もそれ以外も忙しくなるので
たまにはケアのために森に行ってくださいって言われました。
仕事と切り絵を両立させていこうとすると
どうしても心に負担がかかってしまいます。
どちらも好きなことなんだけど
作っていく過程が違うので
心の切り替えに最近すごく苦労しています。
仕事は相手の意見や希望を聞いて
期日までにイラストをパソコンで仕上げて行く。
(手描きの場合もありますが)
切り絵は自分の心の中のものを形にしていく。
なので心がそういう状態にならないと
なかなか作品が進まない。
そしてカッターひとつで作っていき、
失敗が許されない。
最近、忙しくてその切り替えがなかなかできなくて
心が疲れているなって感じていました。
屋久島に魅かれ出したのも
心が疲れだした頃だったかもしれません。
そこにいるだけで心の疲れが
浄化されるのがわかりました。
2年後までの話、10年後の話を聞いたとき
自分の中でちょっと覚悟することがありました。
思いつきで行動していくことが多く、
あまり考えないタチなので
今回、すこし考えることにしました。
「もう少し自分のしていきたいことをイメージしてみてください」
って言われ、自分でもそうしなければって
思いました。
同時に占い師さんから
「思いつきでやってもできてしまう人だから
それでもいいんですけどね」
って笑いながら言われました。
おかげでこれからを客観的に考える機会ももらえたので
本当によかったって思います。

すごいなって感じてたのは
一週間前から制作している切り絵が
山だったこと。
なにかすごく運命を感じました。
yamamichi.jpg
posted by kaoru at 10:14 | Comment(0) | 日記

2013年06月16日

開始!

数日前、
珍しくかなり精神的に落ち込んでいました。
悩んだり落ち込んだりはするんですが
いつもは深く落ち込んだり、
引きずったりしない方なんですが
今回は仕事に支障を来たし、
数日ひきずってしましました^^;
友人に言われたことに
かなりへこんでしましました。
去年からちょっと心の角に
ひっかかっていたことがあったんですが
そのことを考えたり、
悩んでも仕方ないと
自分ではあまりそれについて
向き合っていなかったんです。
そこを友人の言葉で
再び向かい合うことになり、
きっと友人の言葉がなにか
自分の思うところをグサッと
突いたんだろうなって。
自分でも驚くほど、落ち込んでしまいました。
ただ別の友人にそのことを話すと
悩んでる私のことを気持ちいいくらい
笑い飛ばしてくれました。
それを見て、悩んでいるのがばかばかしくなって
少し心が軽くなりました。
最近、なかなか会えなかった友人に会ったり
初めて会ったりした方達と話をする機会が多く
それも自分にはいい薬になった気がします。

今日は久々切り絵作業を朝からやっています。
なかなか作業にかかれなかったので
今日、この時間がすごく至福の時に感じます。
この作品を6月末までに完成させないと!
ちょっとへこんでた時間が長くて
スタートが遅れたけど、これから「開始!』です。

gallery更新しました^^

IMG_4671.JPG

posted by kaoru at 18:58 | Comment(0) | 日記

2013年06月02日

こゆい2日間

今朝、昨日行けなかった一日参りに
愛宕神社に行ってきました。
(今日は二日だから、もう一日参りじゃないんですが)
一日じゃないとこんなにも人がいないんだって
初めて知りました。

IMG_4578.JPG

金曜は東京に行って
カメラマンの清水さんに
写真を撮ってもらいました。
仕事のためということもありましたが
切り絵のプロフィール写真として
ちゃんと一枚もっていようと思い
撮っていただきました。
私は酔っぱらっているときと
山以外で写真に写るのがどうも苦手で
この日も前日からナーバスになっていました。
撮影がはじまってもめちゃめちゃ緊張してて
顔が引きつっていたのが
自分でもわかりました(笑
シャッターを切りながら
清水さんが屋久島の話をしてくれて
緊張をとろうとしてくださって
本当にありがたかったです。
(なのにガチガチでしたが…)
初めての体験ですごく
ナーバスになったけど
一個未体験なことをクリアして
清々しい気持ちのまま
懇親会に行く事ができました。

夜からは4月に作品を出品した
ミラノフォーリサローネ
『Contemporary Japanese Design+アソビ』の
懇親会に行ってきました。
動画で現地の様子を見せてもらい、
他の出品者の方の話が聞けて楽しい時間でした。
八海山がとってもおいしくて
あっという間に酔ってしまいました^^;
スカルの茶椀にグッときました。

IMG_4573.JPG

土曜は
銀座の石原和幸アールグラージュ世界展に
行ってきました。
いろんな著名作家さんの絵画が
光によって美しく変化してゆくという
アート作品でした。
(説明が難しいんですが)
なんとも美しい作品に時間を
忘れてしまいました。
庭師の石原和幸さんの作品を
前日、羽田空港内で見ながら
コーヒーを飲んでいたので
その本人が目の前にいる事が本当に驚きでした。

このあとギャラリートリニティであっていた
あごぱんださんの個展に行ってきました。
初めて本人にお会いして、
見たかった原画も初めて
見る事ができました。
細かくて、遊び心満載で、
自由で、色が本当にきれいで
とても楽しい気持ちに
させてくれました。
私の作品は色がない作品が多いので
こういう作品を見ると本当に新鮮な気持ちになります。

あごぱんださんの個展「パンダ的解釈万国博覧之図」

ギャラリートリニティ 東京都港区赤坂9−6−19 
http://www.g-trinity.com/gallery/
6月15日まで(ギャラリーは日、月お休みです)

IMG_4576.JPG

懇親会で会った作家さん、
アールグラージュの作品の作家さん
あごぱんださん、
みんなそれぞれ異なっていて
でもそれぞれがすばらしく
刺激的で心をいい具合に
グラグラと動かされました。
あとふたつ行きたいところがあったんですが
飛行機の時間になっちゃって行けなくて残念でした。
おまけに帰りの乗るはずだった飛行機が
15分前に機材トラブルで欠航しあたふた慌てましたが
予定より約1時間遅れで無事に帰ることができました。
東京から福岡に戻り、荷物もったまま
友人たちと遅い時間から
呑みに行きました。
なぜかまっすぐ帰りたくない気分だったので。
大声で話して、笑って動かされた心が
ストンと自分の真ん中に落ちて、
妙に落ち着いて家路につくことができました。
だからこそ遅い時間に寝たのに
朝はすっきり目覚めて
神社にお参りすることができたんだと思います。

一泊二日のこゆ〜い旅でした^^

今から自分の作品に取りかかります。
posted by kaoru at 12:56 | Comment(0) | 日記

2013年05月07日

友人に感謝

今朝、仕事の前に
友人の個展の手伝いをしてきました。
今年一緒に屋久島に行った友人です。
屋久島からもどって2週間ちょっとで
屋久島をモチーフに作品を作っていました。
友人は忙しくて
屋久島の旅行に仕事を持ってきていたんで
正直、本当に形になるんだろうかと心配していました。
なので、てっきり以前作った作品が
メインになった作品展になるのだろうと
思っていました。
しかし、手伝いに行って驚いたのは
作品すべてが新作で
そのすべてが屋久島だったんです。
本当にびっくりしたし、
友人の頑張りに脱帽しました。
それと同時に自分は何をしていたんだろうと
反省もしました。
友人の作品は自分の府抜けた気持ちに
ガツンと何かを振り下ろしたようです。
家に帰ってからもそのことが
頭から離れず、ずいぶん仕事の手が進みませんでした。

同じ時間に同じものを見て
なのに感じることや表現はまるで違う。
ものつくりのおもしろさを改めて知った時間でした。
友人と競ったり、戦ったりすることはないんですが
少なからず、私は友人の作品を見て
嫉妬したんだと思います。
これから私は今回見た屋久島をどう表現していこう。

マジスイッチがはいりました。
私はこの友人と屋久島に行けたことを
今日、本当に良かったなって思いました。

crey.jpg
posted by kaoru at 22:47 | Comment(0) | 日記

2013年04月28日

屋久島から帰還

c.jpg

屋久島からもどってきて
約一週間が経ちました。
屋久島からもどってきてからは
仕事に追われて、屋久島に行ったのが
もうずいぶん昔のように感じます。
今回、7回目の屋久島でした。
最近は写真を撮ったり、スケッチしたりと
ゆっくり山や森を散策することが
多かったのですが
今回は初めて屋久島の山の山頂を
目指す計画を立てました。
とは言っても日帰りの初級コースの山です。
初日、二日目と雨に合い
二日目に予定していたモッチョム岳を黒味岳に変更して
登山したんですが、時間が足りなくなったのと
途中で出会ったガイドさんに
もうすぐ雷雨がくるかもという情報を
もらったので綺麗な湿原まで行って、
そこから引き返しました。


d.jpg
黒味岳の途中にある湿原。
霧の中にヤクシカがいてこちらをじっと見ていました。


この黒味岳の先に宮之浦岳という
九州で一番高い山があることを知りました。
まだ見ぬその景色のことを考えると
引き返す無念と同時に
いつか見るぞという期待で
胸が熱くなるのを感じていました。
山に登ることを優先すると
ゆっくり写真を撮ったり、スケッチしたり
ぼ〜っと景色を見るという事ができなくなるので
屋久島ではあまりやらなかったんですが
今回、なぜか登山熱に火がついてしまいました。
絶対、次回は登ってやる!って友人と
誓ってしまいました(笑
ただし、今の体力では無理だなっていうのも
痛感したので、これからは山のために
体を鍛えないといけないなって思いました。

e.jpg


今回の旅で
気に入ったモチーフは2つありました。
それらを切り絵の下絵として
起こしていこうと思っています。
ひとつは引き返した山の途中で見た樹です。
湿原に堂々と立っていた樹でした。
霧の中ですごく幻想的な感じでした。
二つ目はフェリーで見た波です。
実は以前同じモチーフで
作品を切ったのですが
完成した時も、作りたかったのは
こんな感じじゃないなあって
漠然と思っていたんです。
なので、今回3年ぶりにもう一度
作ってみようと思っています。

f.jpg


屋久島からもどってきて
今は日常のいろいろなことに
追われています。
しかし、ふと立ち止まって
目を閉じると、そこには屋久島の森や
深い山々の峰が浮かびます。
心に広がるこれらの景色に深呼吸して
心を温かい優しさで満たして
また現実へと帰っていきます。
7回行ってもそこに新しい発見と
優しさ感じれるこの島が私は大好きです。
次回はこの島に挑戦をしに帰ってきたいと思います。

g.jpg

h.jpg
黒味岳の次の日に登った太忠岳。
山頂近くなると、こんな大きな岩がゴロゴロある。
樹も大きいけど、岩も大きい島なんだなって
感心してました。
posted by kaoru at 13:10 | Comment(0) | 日記

2013年04月18日

1年ぶりに

1年ぶり7回目の屋久島に
今日の夜から出発します。
ずいぶん前からワクワクしています。
4日間仕事を休むので
ここ数日は仕事に追われていました。
屋久島にはだいたい登山
(トレッキング?)をしに行くので
その準備も少しずつやってました。
ちょっとした山に登り体力をつけ、
昨年、すごい雨に合ったので
もう少しちゃんとした
レインウェアを買ったりしました。
数ヶ月前に東京で偶然見つけたお店で買った
リングを屋久島にはめて行きたかったのですが
少しサイズが大きかったので
そのリングをサイズダウンしてくれるお店を
福岡で探して持っていきました。
お店の方にお願いして
出発の前日にリングが完成し、
本当に嬉しかったです!

私はアクセサリーをほとんどしませんが
インディアンジュエリーが好きで
お守りとしてつけています。
模様ひとつひとつに意味があるというのが
好きな理由のひとつです。
自分にとって大事な時は必ずはめて
それに臨みます。
それは個展だったり、仕事だったり、登山だったり
旅行だったり。
不安や緊張がリングをはめることで
ほぐされるからです。
3つ持っていますが、
どれも大事な思い出の品です。
最初の1つは小学校からの友人からもらいました。
2つ目は大事な人からもらいました。
切り絵ですごくお世話になった人でした。
3つ目は大事な決心を
したしるしに自分で買いました。
この3つのリングを持って
屋久島の森に行きます。
私自身とリングに
屋久島の優しいパワーが
宿るといいなって思っています。


indi.JPG

posted by kaoru at 08:56 | Comment(0) | 日記

2013年04月01日

再スタート

IMG_3995.JPG


1月1日って一年の始まりなんですが
4月1日も一年の始まりって感じがします。
一応、1月1日にスタートするんですが
4月1日に、あのスタートでよかったのかなって
ちょっと反省や微調整なんかをして
もう一回再スタートするんです、私(笑
けっこう自分に甘いので
もう一回スタートのチャンスがあるのはありがたいです。
ミラノに出展する作品ができてからは
あまり作品制作の作業はしていません。
あと2週間ちょっとで屋久島に行くので
そこで見たもの感じたものを
作品にしたいなって思っています。
そのために毎週末に小さな山に
足慣らしに行っています。
屋久島の道を歩くのを考えただけで
今から顔がにやけてしまいます。


DSCF8153.JPG

朝の愛宕神社の一日参り。
posted by kaoru at 23:15 | Comment(0) | 日記